・第42回全道基地問題交流集会
「北東アジアの平和体制と軍事基地-日米安保と自衛隊の問題を考える-」

 北海道安保破棄実行委員会主催の「第42回基地問題交流集会」が10月20日、札幌市で開催され、80人が参加しました。

 この日記念講演を行なった日本平和委員会「平和新聞」編集長の布施祐仁さんは、沖縄県知事選挙後の情勢にも触れ、安倍政権が辺野古新基地の建設を、県民の民意を無視して強行しようとしている事を厳しく批判しました。南北朝鮮の融和の進行と米朝首脳会議が行われ、北東アジアに平和の流れが進んでいる一方で、日本政府だけが引き続き北朝鮮脅威、中国脅威論を振りかざし、自衛隊の増強を狙い防衛費を拡大していること。沖縄の基地負担軽減を口実にして、日本全国で日米共同演習を拡大している実態をスライドも使い丁寧に説明しました。

 この間自衛隊は日常的にアメリカ軍の艦船護衛や、戦略爆撃機の護衛などの任務を国会の承諾なしに実施している事について触れ、もしこの時偶発的に戦闘が起これば国会も国民も知らないうちに日本が戦争に巻き込まれ極めて重大な事態となると危険性を指摘しました。

 特に今年種子島で行われた共同演習は、演習場ではない民間地で島しょ奪還作戦を想定した訓練を行うなど、より実践的な内容にエスカレートしている事で、2015年の安保法制強行以降自衛隊がアメリカ軍の手足として使われようとしている実態を明らかにしました。

 日米の地位協定ではアメリカ軍は自衛隊の基地を自由に利用できることが定められており、「沖縄の負担軽減」を口実にした日米合同演習の拡散は、日本全体が米軍基地化される危険性があると述べました。

 第二部では、今年活動を再開した釧路平和委員会から、ノーザンヴァイパーは震災で中止になったが、オスプレイ飛来に反対して自治体申し入れを行った取り組み、帯広平和委員会からは、オスプレイ補給地に反対する取り組みを党派や労組の違いを超え、総がかりで進めてきた取り組み、苫小牧平和委員会からは、民間フェリーで自衛隊員を輸送し、苫小牧を軍港化する動きに反対する取り組みを報告しました。

 当別からは、劉連仁(りゅうれんじん)発見、生還から60周年を記念する集会の取り組みについて、青年分野は、岡山で開催された「ピースエッグ」に参加した学生から、自身の留学の体験から、西欧では学生が政治や経済について盛んに話題にすることに刺激を受け、帰国後平和委員会に入った経験について発言。それぞれの分野の取り組みを交流しました。

開催チラシ PDF

・小樽を軍港化するな!

 2月2日、今年もさっぽろ雪まつりと小樽雪明かりの路の時期に合わせて、米第7艦隊ミサイル搭載駆逐艦マスティンが「親善」を名目に小樽港に入港しました。小樽港をまるで母港にでもするかのように入港を繰り返すことは断じて許せません。

 「マスティン入港反対!」「米艦は小樽に来るな!」「小樽を軍港化するな!」「平和な商業港を守れ!」「小樽港に核兵器を持ち込むな!」早朝の小樽港に、市民の命と安全、平和を守る決意のこもったシュプレヒコールが響き渡りました。