活動報告

・10月25日(土)
第38回全道基地問題交流集会を開催しました(@札幌)。

 集会では、基調講演によって「戦争する国づくり」の具体的な内容が明らかになり、後半各地からの報告によって、道内自衛隊の様変わりと各地域でのたたかいの様子が交流されました。

・3月17日(月)
「矢臼別50年のたたかいに学ぶ(その1)」を開催しました。

20140317 20140317-2thumb 20140317-3thumb

 80人の参加で成功しました。

 森高哲夫さんの講演(吉野宣和さん体調不良のため急遽交替に)に、面おどり「花いかだ」、北海道合唱団の歌で、大変感動的な「つどい」になりました。「その2」は、6月開催予定です。
 森高さんが報告された資料(スライド)は学習会に使えるものです。ご希望の方にはデータをお贈りしますので、ご連絡下さい。

講演資料 「日本最大の矢臼別演習場&たたかいの歴史」 PDF

参加者の感想文も紹介します。

・矢臼別のたたかいは粘り強い。青年、女性の参加が多いのが特徴。

・面踊り、なかなかのものでした。ぜひご活躍下さい。

・とても勉強になりました。このようにまとまったお話を聞くのは初めてでした。最近の危険な訓練のこともよくわかりました。

・資料・写真は大変リアルでわかりやすく参考になりました。一昨年矢臼別に参加して感動したので、今年もぜひ参加したいと思っています。

・「矢臼別の五〇年のたたかい」の話を初めて聞き、その中味を知りました。

・長きにわたるたたかいの報告に感動しました。どこにそのたたかいの力が絶えることなく続けられてきたのか、その辺を知りたいと思いました。 花いかだのみなさんもすばらしかったです。

・50回のうち1回だけの参加です。今年はぜひいって現実を見てきたいと思います。森高さんのお話でたたかいの様子がよくわかり、学習ができてよかったです。

・私は、川瀬さんのいた矢臼別の三股小学校を卒業しました。自衛隊が来るための道路を作っていたのを小学生のわたしたちは見ていました。今思えば、買収に応じるか否かの部落会議だったのでしょうか、毎晩のように小学校に集まって話し合いがもたれていたのを覚えています(私の父は教員だったので)。若い頃の杉野さんも川瀬さんも私はよく知っていますが、スライドを見て懐かしく思いました。大学に入って平和運動を知り、あらためて杉野さん、川瀬さんの偉大さがわかりました。川瀬さんの遺志を継いで住まれている方がお元気で活躍されますように!

・3月17日(月)
2014年総会が終了しました。

 「50回記念矢臼別平和盆踊りへの多数の参加」を確認しました。

 「つどい」前に開催された総会で、今年の活動方針、特に平和盆踊りへの参加を広げることを確認しました。

 代表委員(工藤富美子さん 國田昌男さん 畠山和也さん)を含む新役員を確認しました。